遺品整理サービス 便利屋(何でも屋)さんの選び方
便利屋さんの遺品整理サービス

遺品整理を便利屋(何でも屋)さんに依頼する場合には、どのような便利屋(何でも屋)さんに依頼するといいか悩むのではないでしょうか。

ここでは、遺品整理サービスをどんな便利屋(何でも屋)さんを選べば良いか、又は便利屋事業者の方であれば選ばれるためにはどうすれば良いかについてご紹介しましょう。

  • まずは仕分けを丁寧に行っているかどうか

多くある遺品を、手と目を使って作業員が仕分けをきちんと行っているか、ということが最も大切なポイントです。

物品を一つひとつ確認しながら、手で仕分けていかないと、貴重品や書類などを見つけることはできません。

便利屋さん以外の業者も含め、遺品整理業者の中には、十分に確認しないで廃棄物の袋に遺品を入れる場合がありますが、このような場合は仕分けを丁寧に行うか注意しましょう。また、便利屋事業者の方であれば丁寧に確認しながら仕分けを行うようにしましょう。他人には不要なゴミに見えても、お客様当人とっては思い出の詰まった大切な物である可能性が有ります。

  • つぎに常に責任者が現場にいるか

遺品整理などの業務の場合には、必ずリーダーが作業チームには必要です。

便利屋さんによっては、見積りを初めに行った者が責任者になって、責任を最後まで持って作業を指示するため、任せても安心できるようなところもあります。このような責任者は現場には必要な存在です。また、便利屋事業者の方であれば、見積もりを行った者と作業を行う者が異なる場合は、キチンと伝達事項を行うことで、お客様に不快の思いをさせず後のトラブルも防ぐことが出来ます。

 

  • 可能なものはリサイクルしているか

特に女性の遺族の場合は、無造作に故人の持ち物が廃棄されるのは心が痛みます。便利屋さんは、このような遺族の想いに対応する必要があります。

全てリサイクルするのは難しいかもしれませんが、できるだけリサイクルやリユースに回すように努力してくれる業者であれば、遺族も寄り添ってくれるでしょう。

  • 遺品を運ぶ車の荷台が綺麗か確認してみる。(車の年式が古いとかではなく、荷台の片づけ掃除がきちんとされているか)

廃棄物についてはそれ程までに神経質にならなくても良いかと思いますが、思い出が詰まった大切な遺品や、リサイクルする冷蔵庫、照明器具、洗濯機などのリサイクル品などを運ぶ場合は、できる限り作業に向かうまでに綺麗にしておきましょう。汚れている荷台では、いくらこれまでの作業が良かったとしても、お客様にとっても便利屋さんにとってもせっかくこれまでの良い作業が台無しとなるかもしれません。

以上、遺品整理を便利屋さんに依頼する場合には、このような事に注意してみましょう。また、便利屋事業者の方はこのような事に注意しましょう。多少その時々面倒くさいと思える事も、お客様に喜んで貰える事で、後の評判、結果にも繋がり、自身や従業員、ご家族のためにもなると思います。






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。