便利屋開業 open 本日はサラリーマンから便利屋の独立開業起業について書かせて頂きます。これから便利屋なんでも屋の開業をお考えの方は参考にして下さい。

便利屋を始める開業前に先ずやる事は、覚悟を決めてください。特に家族を背負って起業をする方は、死ぬ気でやる位の覚悟がないと、あまりおすすめは出来ません。起業して1年での廃業率は30%前後、3年で60%前後、10年では90%以上の廃業率と言われる厳しい世界です。Googleで、「起業 廃業率」や「便利屋 廃業率」等で検索してみて下さい。そして起業する厳しさを少しでも先ず知っておく事をお勧めします。私の周りでも甘い考えで起業した人は大抵すぐに廃業しています。(親が資産家などのケースは除く。ここでは自己資本・能力でのみの開業ケースとします。)

事業主になると言うことは、全てにおいて自己責任の厳しい世界となります。集客が上手くいかず売上がなくても、誰かの甘い言葉に騙されたとしても、取引先にお金を踏み倒されても、人(従業員)を雇ってその人がミスをし損害賠償請求をされても、最終的には事業主の責任となります。つまり開業する貴方の責任です。日本の社会システムでは、労働者はある程度国や会社に守られる社会システムですが、事業主には誰も守ってくれない今までとは異なる厳しい社会システムとなっています。なので厳しさを少しでも知った上で開業に臨んでください。上記では悪いことばかり書きましたが、もちろんサラリーマンと比べ良いことも有ります。やりがい、時間配分の自由、自分次第で無限大の収入などなどです。そんな厳しさと夢に向かって覚悟を決めてください。一時断念するのも一つの手段だと思います。

次に、フランチャイズで開業するのか、自分の屋号を持ち独立した形で開業するのか、行うサービスは何にするのか、どうやってそのサービスを提供するのか、メリット・デメリット・手持ち資金などを踏まえ、戦略を練りましょう。フランチャイズで開業する場合はこちらを参考にして下さい。便利屋何でも屋フランチャイズ一覧。

資金の目安は、多いに越した事はないのですが、開業初期費用+開業一年目は仕事が少ないので、運転資金・生活費3ケ月分~出来れば6ケ月分程度は有った方が良いです。もし手持ち資金が0円と全く無くても、やり方次第で開業は可能です。0円で開業する場合は、開業前にある程度軌道に乗るまで繋ぎのアルバイトを探し、宣伝活動(自身でホームページ作りなど)を始めましょう。

また、起業してすぐの頃は金融機関のクレジットカードや融資審査が通りづらいので、サラリーマンの内にクレジットカード、キャッシングカードも作っておいた方が良いかも知れません。これは現金商売の多い便利屋さんなのですが、時に企業などの依頼の場合、支払いが末締め60日後、90日後(月始めに行った作業は約90日後、120日後となります)などの支払いサイト条件が発生する事もあります。その際手持ち資金がないと請けたくても請けれないと言った、販売チャンスの機会損失となるからです。あと、大方の商売のお金の流れは、経費先出し収入後貰いが多いです。これは便利屋でも同じです。

そして、開業する事が決まりましたらお近くの税務署で開業届を出しましょう。

次に営業活動です。集客宣伝手段としては色々有りますが、
①ホームページを作成する(ワード操作感覚で作れる無料サイト等も沢山ありますので、それらを利用し、自分で挑戦するのも良いと思います。フランチャイズ開業の場合は本部が作ってくれます。)
ポータルサイト仲介サイトを利用する
➂Facebook、TwitterなどのSNSを利用する。
④前会社や友人などの人脈を頼って仕事を貰う
⑤チラシを作成し配る
⑥新聞・タウン誌に広告を出す
⑦ほかのお店にお願いして下請けで手伝わせてもらう(未経験者は勉強にもなり横の繋がりも出来てお勧めです)

などでしょうか。お勧め集客手順は、先ずホームページをある程度作りこんで、そこへ全ての集客媒体からホームページに呼び込むやり方です。例えばチラシの最後に「〇〇で検索」などです。これは少ない情報量のチラシや新聞広告、SNSなどの宣伝で、もし伝えたいサービスを伝えきれなくても、情報量を多く載せられるホームページを見て知っても貰う事が出来るからです。

次は揃える道具となりますが、取り扱うサービス商品により変わります。作業系なら中古の軽トラ程度はあった方が良いでしょう。買うのか、又は最初は借りるのか、又は最初は仲間に頼んで協力してもらうのか、個々の状況に応じ判断は違います。出来る限り道具はその都度必要になってから買うことをおすすめします。そうする事で余計な物を買う事を防げます。

次に最初は仕事が少ないので、アルバイトを探し、アルバイトをしながら上記活動を進めても良いでしょう。おさらいすると、
覚悟を決める→フランチャイズ、独立開業含め戦略を決める→開業届を出す→集客宣伝活動を行う→作業を行う(最初はアルバイトか貰い仕事)→集客宣伝活動の繰り返しとなります。その他保険の問題、経理の問題、人の問題など抱える問題は他にも沢山ありますが、とりあえず初期は集客営業に注力し、日々の生活費を稼ぎつつ徐々にその他の問題に取り組んで行っても良いと思います。あと固定観念は持たず、柔軟・臨機応変にやって行く事が長生きする秘訣と思います。
最後に、今後の便利屋なんでも屋業界は、少子高齢化により需要の見込まれる業界です。真面目にコツコツと続ける事で信用を得られ、仕事は増えていき、おのずと成功の道が開けると思います。






5件のコメント

ジン · 2017年11月18日 3:10 PM

毎月定額から増やしたい方
コツコツ稼ぎたい方
在宅で稼ぎたい方

※最初はコツコツですが、慣れてきたら約15〜30万程の利益を見込めます

半年間である程度稼ぎたい方
こちらも在宅にて稼げます。

新規事業をお考えの方
借り入れがあり支払いを一本化したい方
ブラックではあるが、資金を作りたい方

※要CICと面談

その他集客にお困りの方や集客力をつけたい方も朗報な情報ございます(^ ^)
お役立になれば幸いです(^ ^)

可能ならば関西にお住まいの20歳以上の方

koda7070.koda7070@gmail.com

ソラ · 2017年11月22日 1:04 AM

>>ジンさん
興味が有ります。どの様なビジネスですか?ザックリ大まかにでも構いませんので、ご教授頂けましたら幸いです。

    じん · 2018年2月12日 9:15 PM

    遅くなりすみません。
    個人によろしくお願いします(^ ^)

大阪住み、男性40歳 · 2017年12月4日 4:11 AM

ジンさん、どんな内容ですか?

    じん · 2018年2月12日 9:16 PM

    遅くなりすみません。
    個人によろしくお願いします(^ ^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。