以下引用

便利屋【べんりや】 客の依頼を受けて用事を代行する業者。 依頼される用事の内容はさまざまで,引越し手伝い,清掃,営繕などから,コンサート・チケット取り,電話番,犬の散歩などもある。 便利屋という名称と業種が定着してきたのは昭和50年代半ばで,以降それぞれの内容に専門化した代行業も発展している。便利屋(べんりや)とは – コトバンク


特定の専門業種ではなく、よろず請負的に、さまざまな雑事を受けることを広告している場合が多い。一般的には、専門的な知識や訓練が不要なものが対象となることが多いが、業者の増加により、何かしらの専門性を訴求しているケースもある。
なお、便利屋の技能を認定すると謳う民間資格も存在するが、教材ビジネスとしての側面が強く公的な資格ではないめの独占権や行政への効力は無い。
以下は一例であり各企業によって事業内容は異なる。

伝言・配達や品物の調達などの雑用を手軽く引き受けるのを職業とする者。

便利屋(べんりや)の意味 – goo国語辞書 引用ここまで


便利屋とは何でしょう?まさに名前の通り、便利で何でも広く浅く業務を請け負ってくれる業者ですね。
中には本業を持って、兼業で便利屋を行っている方もいらっしゃるので、一概に全ての業者・業務で浅いサービスとはいえませんが、大半の提供サービスはセミプロ?レベルのサービスではないでしょうか。

では、ユーザーの方にとっての便利屋の利点は、一体どんな事でしょうか。先ず思いつくのが、「色んな事をワンストップサービスで頼める」や、「専門業者よりも割安で頼める」事などです。また、 頼む際気を付けなければいけない事は、一番トラブルになる原因がやはりお金に関係する事ですので、事前に内税・外税含め見積りをきっちり出して貰いましょう。 料金システム、作業の範囲、又は時間制で時間の範囲での作業なのか?等をきっちり事前に打合わせを行う事で、トラブルになる可能性を少なくする事が出来ます。

事業者の方にとっての利点は、「まさに何でも色んな仕事を頼んでもらえる」、「同意義ですが閑散期が少なく繁忙期が何回もある」←これは本当にメリットです。
例えばハウスクリーニング業なら繁忙期は12月2月3月辺りです。後は結構暇な時期が有るとの事です。
植木屋さんなら繁忙期が10月11月頃で、冬の時期になると、多くの植木屋さんの方が仕事が激減するとの事です。実際自分の知り合いの植木屋さんでも、寒い時期はアルバイトをしながら事業を続けていらっしゃる植木屋さんを何人か知っています。
引越し屋さんなら、繁忙期は3月・4月で、その時期に一年の利益を確保して、後は赤字かトントンでまわしている会社が多いとの事です。 これは逆に言い換えれば繁忙期に想定利益を確保出来ないと、かなり厳しい運営になります。 運送業は初期投資や固定費が上記業種にくらべ多いので、売上を上げなくてはならない時に上げられないと、死活問題です。そんな季節によって浮き沈みが激しい業種の方と比べると、便利屋さんは、季節に比較的左右されないサービスである利点と言えますね。本日は以上となります。





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。